(第章 犯罪行為(infracción penal))
5節 親族関係の混合事由

23
 被害配偶者または愛情関係で同様な安定状態で結ばれた者であること、または、あったこと、あるいは、加害者、その配偶者または同棲者の自然血縁または養子縁組による尊属、卑属または兄妹姉妹であることは、犯罪の性質、動機、効果に従って責任を軽減または加重させる事由である。

通訳案内士(元司法書士) 古閑次郎

標題ページへ戻る

スペイン刑法典(2015年版)