(第16章 国土開発、都市計画、歴史的遺産保護と環境に関連する罪)
3節 天然資源と環境に反する罪

325
1. 環境保全の法律または他の一般規定に違反して、大気中に、土壌に、下層土に、または、公海を含む地上、地下、または海上水域に、成層圏における放出を含んで、射出、排出、放射、採掘または発掘、埋設、騒音、振動、注入または堆積を直接または間接に扇動または実行する者、同様に、大気、土壌または水の品質に、または、動植物に重大な損害を、それ自体で、または、他と共に、与える、または、与える可能性がある水の利用を、直接または間接に扇動または実行する者は、6月から2年の禁固刑、10月から14月の罰金刑および職業または職務について1年から2年の個別的公権剥奪刑に処せられる。
2. 前述の行為が、それ自体で、または、他と共に、自然システムの平衡を著しく毀損する可能性があった場合は、2年から5年の禁固刑、8月から24月の罰金刑および職業または職務について1年から3年の個別的公権剥奪刑に処せられる
 人の健康に重大な損害の危険を引き起こした場合は、禁固刑は、1段階高い刑となる可能性を持って、その下限を半分上回らせて科される。

326
1. 環境保全の法律または他の一般規定に違反して、大気、土壌または水の品質、または、動植物に重大な損害を、人に死亡または重大な傷害を与える、または、与え得るように、あるいは、自然システムの平衡を著しく損ない得るように、破棄物を、回収、運搬、査定、変形、除去、または、利用する者、または、それらの活動を適切に統制または監視しない者は、前条と同じ刑に処せられる。、
2. 前項に係わる場合以外で、無視できない量の破棄物を、一回の移転の場合および関連がある数回の移転の場合で、破棄物移転に関する欧州共同体の法律に係わるケースのなんらかで、移転する者は、3月から1年の禁固刑または6月から18月の罰金刑、および、職業または職務について3月から1年の個別的公権剥奪刑に処せられる。

326条の2
 大気、土壌または水の品質、または、動植物に重大な損害、あるいは、人に死亡または重大な傷害を与える、または、与え得るように、あるいは、自然システムの平衡を著しく損ない得るように、危険な行為が実行される、あるいは、危険物質または調合薬が保管または使用される施設の運営(explotación)を、環境保全の法律または他の一般規定に違反して、実施する者は、第325条にそれぞれの場合で規定される刑に処せられる。

327
 3条に係わる(犯罪)行為は、前条に規定される行為のなんらかの実行に次の事由のなんらかが伴うときは、本刑法典の他の規則に対応する刑を害することなく、1段階高い刑に処せられる:
a) 事業(industria)または業務(actividad)が、その施設の必要な許可または行政承認を取得しないで、密かに作動している。
b) 前条に類型化された業務の修正または停止の行政官署の明示的命令に従わなかった。
c) 業務の環境面についての情報を偽造または隠蔽した。
d) 行政の検査活動が妨げられた。
e) 不可逆的または壊滅的な毀損のリスクが発生した。
f) 規制期間中に水の不法採取が行われる。

328
 31条の2の規定に従って、法人が、本節に含まれる犯罪に責任があるときは、次の刑が科される:
a) 自然人により実行される犯罪が2年超の自由剥奪刑で処せられる場合、1年から3年の罰金刑、または、引き起こされた損害額の2倍から4倍の罰金刑(額が前者より多くなったとき)。
b) その他の場合、6月から2年の罰金刑、または、引き起こされた損害額の2倍から3倍の罰金刑(額が前者より多くなったとき)。
 66条の2の規則に留意して、同様に、裁判官および裁判所は第33条第7項のb)からg)に規定される刑を科すことができる。

329
1. 前各条に係わる汚染事業または業務の稼動を許可する明らかに違法な免許の譲許を故意に都合よく形成した、あるいは、それらの検査の時に臨んで事業等を規制する法律または一般的規則の違反を黙殺した、または、義務的検査実施を省略した官署または公務員は、本刑法典第404に規定される刑に処せられる、また、さらに、6月から3年の禁固刑および8月から24月の罰金刑に処せられる。
2. 自己の不正を知って、(免許)譲許のために、自己により、または、ある同業団体組織のメンバーとして、決議または投票した官署または公務員は同じ刑に処せられる。

330
 保護された自然空間において、それを評価する要素のなんらかを著しく損傷した者は、1年から4年の禁固刑および12月から24月の罰金刑に処せられる。

331
 本節で規定される行為は、重大な過失により行われたときは、それぞれの場合において、場合に応じて、1段階低い刑に処せられる。

標題ページへ戻る

通訳案内士(元司法書士) 古閑次郎

スペイン刑法典(2015年版)