(第16章 国土開発、都市計画、歴史的遺産保護と環境に関連する罪)
5節 共通規定

338
 本章で定義された行為が、なんらかの保護される自然領域に影響するときは、それぞれで規定される刑より1段階高い刑が科される。

339
 裁判官または裁判所は、行為者の負担で、掻き乱された生態学的平衡を回復させるために必要な措置、および本章において保護される物の保護に必要なその他の予防措置を採択することを命じる。

340
 本章で類型化された(犯罪)行為のなんらかの有責者が自発的に発生した損害の修復に取り掛かった場合、裁判官および裁判所はそれぞれで規定される刑より1段階低い刑を科す。

 

標題ページへ戻る

通訳案内士(元司法書士) 古閑次郎

スペイン刑法典(2015年版)