(18章 偽造の罪)
5節 公機能奪取と無資格営業(intrusismo)の罪

402
 公的性格(carácter público)を自己に帰させて官署または公務員に固有の行為を不当に行使した者は、1年から3年の禁固刑に処せられる。

402条の2
 許可なく、公然かつ不正に公的資格を帰させるユニフォーム、服装または記章を使用した者は、1月から3月の罰金刑に処せられる。

403
1. 現行の法律に従ってスペインで発行または認定される(職業等に対応する)学位(título académico)を持たないで、ある職業に固有の行為を行なった者は、12月から24月の罰金刑に処せられる。展開される職業活動が、(それに)必要な能力を証明する、また、その行使を適法に許可する公的資格を要した場合で、当該資格を持っていなかった場合は、6月から12月の罰金刑が科される。
2. 次の事由のなんらかが伴う場合は、6月から2年の禁固刑に処せられる:
a) 有責者が、さらに、関連資格で保護された専門家の属性を公然と自己に帰さしめた場合。
b) 有責者が、前項に係わる行為を、その職業に固有なサービスの提供がアナウンスされたところの公衆に開放された場所(local)または施設で行なった場合。

 

標題ページへ戻る

通訳案内士(元司法書士) 古閑次郎

スペイン刑法典(2015年版)