(第20章 司法行政に反する罪)
2節 犯罪防止義務またはその訴追開始義務忌避の罪

450
1. 人の生命、身体または健康、自由または性的自由に影響する犯罪の実行を、緊急な介入で、かつ、自己または他人の危険なしに阻止できて、阻止しなかった者は、犯罪が生命に対するものであった場合は、6月から2年の禁固刑に処せられ、その他の場合は、6月から24月の罰金刑に処せられる。ただし、阻止されなかった犯罪に同じまたは低い刑が対応した場合を除く。この場合は、上記の刑より1または2段階低い刑が科される。
2. 前項に規定される犯罪のなんらかを阻止するために、および、その差し迫ったまたは現実の実行を知らせるために官署またはその職員に、(訴えることが)可能であって、訴えない者は、同じ刑に処せられる。

標題ページへ戻る

通訳案内士(元司法書士) 古閑次郎

スペイン刑法典(2015年版)