23章 反逆罪、国の平和または独立に反する罪、および、国防に関する犯罪

1節 反逆罪

581
 スペインに戦争を宣言ようにある外国勢力を誘致した、または、それと同じ目的で合意したスペイン人は、15年から20年の禁固刑に処せられる。

582
 次の者は、12年から20年の禁固刑に処せられる:
① 敵に、スペインへの進入を、国のある城塞(plaza)、軍事拠点、船舶または航空機、または、(軍の)経理倉庫または兵器倉庫の占領を容易にするスペイン人。
② スペイン人兵士(tropa)またはスペインに奉仕する兵士を、戦闘中に、敵の列に行く、または、その部隊から脱走するように、扇動するまたは寄せ集める(allegar)スペイン人。
③ 敵の旗の下で、スペインに戦争を起こすために、人を募集する、または、武器やその他の効果的な手段を供給するスペイン人。

583
 次の者は、12年から20年の禁固刑に処せられる:
① 敵の旗の下で、祖国に対して武器を取るスペイン人。
 首魁またはプロモーターとして、または、なんらかの指揮権を持って行動する者、または、官署を構成している者には、1段階高い刑が科される。
② 敵軍に、資産、武器、船舶、航空機、財物または経理のまたは兵器の軍需品(municiones)、あるいは、スペインを攻撃するために直接かつ効果的な他の手段を供給する、または、前条に含まれない形で敵軍の進行に役立つスペイン人。
③ スペインを攻撃する、または、敵軍の進行に役立つ目的に直接通じる、要塞、建物または土地の地図、文書または情報を、敵に提供するスペイン人。
④ 戦争中に、国軍が本条②号に示される援助を、または、③号に示されるデータおよび情報を受けることを妨害するスペイン人。

584
 外国勢力、国際団体または組織を利する意図をもって、国の安全または国防を損なう可能性のある秘密(reservado)または機密(secreto)と分類される情報を入手、偽造、無効化または暴露するスペイン人は、反逆者として、6年から12年の禁固刑に処せられる。

585
 本節の前数条に規定される犯罪のいかなるものについての扇動、共謀および教唆は、対応する刑より1から2段階低い刑に処せされる。

586
 本節に含まれる犯罪のなんらかを犯したスペイン在住の外国人は、それら(犯罪)に示される刑より1段階低い刑に処せられる。ただし、外交官、領事および国際機関の職員に関して条約または国際法で設定されているものは除かれる。

587
 本節の前数条に規定される刑は、それらに含まれる犯罪をスペインの同盟勢力に対して犯した者に、共通の敵と戦闘状態にある場合、適用される。

588
 憲法の規定を遵守せずに、戦争を宣言した、または、講和を締結した政府のメンバーは、15年から20年の禁固刑に処せられる。

 

通訳案内士(元司法書士) 古閑次郎

標題ページへ戻る

スペイン刑法典(2015年版)