7章 拷問罪および倫理的高潔(integridad moral)に反するその他の罪

173
1. 他人に卑劣な取り扱いを加えて、その倫理的高潔をひどく損耗させた者は、6月から2年の禁固刑に処せられる。
 なんらかの労働関係または公務員関係の中で、その優越的関係を利用して、卑劣な取り扱いを構成するに至らない、ひどい迷惑をもたらす敵対的または屈辱的行為を他人に対して繰り返し行った者は、同じ刑に処せられる。
 卑劣な取り扱いを構成するに至らない、住居の正当な使用収益を阻害する目的を有する敵対的または屈辱的行為を繰り返し行った者には、また、同じ刑が科される。
2. 配偶者または配偶者であった者に対して、あるいは、例え、同居していなくとも同様な愛情関係で有責者と結ばれている、または、結ばれていた者に対して、あるいは、血縁、養子縁組または姻族関係での自己、配偶者または同居人の卑属、尊属または兄弟姉妹に対して、あるいは、有責者と同居している、または、配偶者または同居者の事実上の親権、後見、保佐、保護の下に置かれている未成年者または特別な保護が必要な障碍者に対して、または、家庭に組み入れられて保護されている者に対して、また、その特別な脆弱性によって公的または私的施設で保護下に置かれて者に対して、習慣的に身体的または精神的暴力を行使する者は、6月から3年の禁固刑、3年から5年の武器所有・携帯の権利剥奪刑が科され、同様に、場合によって、判官または裁判所が未成年者または無能力者の利益に適当と思料するときは、親権、後見、保佐または保護の行使について1年から5年の個別的公権剥奪刑が科される。ただし、身体的または精神的暴力が具体化された犯罪に対応する刑を害しない。
 暴力行為のなんらかが未成年者の居るところで、または、武器を使用して行われたとき、あるいは、共通の住居または被害者の住居で発生したとき、あるいは、第48条に規定される刑、保全処分または同じ性質の保安処分に違背して行われたときは、刑はその下限を半分上回らせて科される。
 本項に係わる場合は、更に、監視付き釈放の保安処分を科すことができる。

3. 前項に係わる習慣性を評価するために、証明された暴力行為の数、また、それらの時間的近接性が留意される。この場合、当該暴力が本条に包含される同一人または異なる人々に振るわれたかは関係なく、また、暴力行為が以前の訴訟でその対象であったかなかったかも関係ない。
4. 軽度の不正な侮辱を引き起こした者は 被害者が173条第2項に係わるなんらかの者であるときは、被害者の住所と異なる遠方での5日から30日の常時所在確認刑、5日から30日の共同体の利益での労働刑または1月から4月の罰金刑に処せられる。この最後の(罰金)刑は第84条第2項の事情が満足される場合である。
 侮辱罪は、被害者またはその法定代理人の告発を介してのみ訴追できる。

174
1. (官署または公務員が)その職務を濫用して、人から告白または情報を得る目的で、あるいは、その人が犯した、または、犯したと疑うなんらかの行為により、あるいは、なんらかの差別に基づく理由によって人を処罰する目的で、その性質、期間またはその他の事情により肉体的または精神的苦痛をもたらす、または、認識、判断または決定能力の抑圧または減少をもたらす、または、その他の何らかの形態で倫理的高潔を侵害する、状態または手続き(procedimiento)にその人を服さしめた、官署または公務員は拷問している(と言える)。拷問罪の有責者は、侵害が重大の場合、2年から6年の禁固刑に処せられる。また、重大でない場合は、1年から3年の禁固刑に処せられる。更に、全ての場合、8年から12年の絶対的公権剥奪刑が科される。
2. 拘留者、収容者または受刑者に対して前項に係わる行為を加えた、官署あるいは刑務所の公務員または未成年者の保護または矯正センターの公務員には同じ刑が科される。

175
 前条に含まれる場合以外で、その職務を濫用し、人の倫理的高潔を侵害した官署または公務員は、侵害が重大の場合、2年から4年の禁固刑に処せられる。また、重大でない場合は、6月から2年の禁固刑に処せられる。以上の刑の他に、全ての場合、公雇用または公職について2年から4年の個別的公権剥奪刑が科される。

176
 前各条にそれぞれ定められた刑は、自己の職務義務を守らないで、他の者がそれらの行為をすることを許した官署または公務員に科される。

177
 前各条に規定されている犯罪において、倫理的高潔に対する侵害に加えて、被害者または第三者の生命、身体、健康、性的自由または財物に傷害または損傷が加えらた場合、それらの行為は、法律によって当該侵害がすでに特別に処罰されている場合を除いて、それぞれ犯行に対応する刑で処罰される。

 

標題ページへ戻る

通訳案内士(元司法書士) 古閑次郎

スペイン刑法典(2015年版)