(第8章 性的自由および性的無損害(indemnidad sexual)に反する罪)
第2節の2 16歳未満の未成年者への性的濫用および侵害の罪

183
1. 16歳未満の者へ性的行為をした者は、性的濫用犯として、2年から6年の禁固刑に処せられる。
2. 暴力または威嚇を用いて当該行為がなされるときは、有責者は未成年者への性的侵害罪で5年から10年の禁固刑に処せられる。暴力または威嚇を介して、16歳未満の年少者に第三者との性的行為に参加するよう、または、自己にそれを実施するよう強制した者は、同じ刑が科される。
3. 侵害が、膣腔、肛門または口腔を通しての肉体的接触あるいはmienbros corporalesまたは物体の前2者への挿入でなされたときは、有責者は、第1項の場合、8年から12年の禁固刑に処せられ、第2項の場合、12年から15年の禁固刑に処せられる。
4. 3項に規定される行為は、次のなんらかの事由があるときは、対応する刑にその下限を半分上回らせて処せられる:
a) 被害者の乏しい知的または身体的発達、あるいは、精神的混乱を有していることが、被害者を全く無防備に置いていたとき。いずれにせよ、4歳未満のとき。
b) 2人以上の共同行動で犯行が行われるとき。
c) 行使された暴力または威嚇が特に卑劣または屈辱的な性質を持つとき。
d) 犯罪の行使に、有責者が、被害者との血縁または養子あるいは姻族関係により尊属、卑属または兄弟姉妹であることでの優越関係または親族関係を用いたとき。
e) 有責者が、被害者の生命または健康を、故意または重大な過失で危険に置いたとき。
f) 刑事違反が、そのような活動の実現に従事した犯罪組織またはグループの内部で行われたとき。
5. 本条に規定される全ての場合、有責者が、官署、官署の職員または公務員の地位を利用したときは、さらに、6年から12年間の絶対的公権剥奪刑が科される。

183条の2
 性的目的をもって、16歳未満の未成年者に性的行為に参加することを決心させる、または、性的行為を目撃させる者は、たとえ、それらに参加していなくとも、6月から2年の禁固刑に処せられる。
 性的濫用(行為)を目撃させた場合は、たとえ、それらに参加していなくとも、1年から3年の禁固刑に処せられる。

183条の3
1. インターネット、電話または他のなんらかの情報・通信技術を介して、16歳未満の未成年者と接触し、第183条と189条に規定されるなんらかの犯罪を犯す目的で(その未成年者と)会うことを提案する者は、その提案が接近に導く実質的行為を伴う場合、1年から3年の禁固刑、または、12月から24月の罰金刑に処せられる。ただし、その場合に実行された犯罪に対応する刑を害さない。接近が、強制、威嚇または詐術を介して得られるときは、刑はその下限を半分上回らせて科される。
2. インターネット、電話または他のなんらかの情報・通信技術を介して、16歳未満の未成年者と接触し、ポルノ資料を(犯人に)提供するため、または、未成年者が表示されている、または、出現するポルノ画像を(犯人に)見せるため、その未成年者をだます行為を行う者は、6月から2年の禁固刑に処せられる。

183条の4
 行為者が年齢および(身体)発達段階または成熟度で当該未成年者に近い者であるときは、16歳未満の未成年者の自由な同意は本節に規定される犯罪に対する刑事責任を阻却する。

 

標題ページへ戻る

通訳案内士(元司法書士) 古閑次郎

スペイン刑法典(2015年版)