事務所所在:
〒221-0834 
横浜市神奈川区台町7−2 ハイツ横浜410
通訳案内士 古閑次郎(コカンジロウ)事務所
TEL/FAX 045−594−9925

令和2年8月20日改定

修士論文

スペイン民法
条文(全和訳)

テーマは、スペインの不動産登記制度と物権の概要です。公証人制度も紹介しています。

スペインの
相続と遺言

スペイン狩猟法を紹介します(ローマ法からの沿革も記述しています)。

スペイン
狩猟法

スペインの相続と遺言について紹介します。html版でも作成しています。

スペイン民法典(2005年版)を全訳してネットに上げていましたが。今回、その後の改正分を追加しました。

スペインの
夫婦関係

スペインでの婚姻、夫婦財産契約、別居と離婚について紹介します。

 弊事務所は、法律・商業文書等のスペイン語翻訳(西和、和西)と観光等通訳ガイドを業務としています。数年前まで司法書士を営んでいましたので、法律関係には自信があります(弁護士法などの法律に触れない範囲で法律関連のアドバイスなども可能です)。
 幸い、不足ではありますが、ぎりぎり生活できる年金を受給しておりますので、ボランティア精神で取り組んでおります。料金は、充分ご満足いただけるようご相談で決めることとしています。ご気楽にお問い合わせください。
 下記にこれまでライフワークとして取り組んでいますスペイン法研究での当方作成の資料を掲載しています。今後も、順次、ネットに掲載していくこととしています。

通訳案内士 古閑次郎 事務所

(主な関連資格)

国際経済法学修士 (横浜国立大学大学院)
日本スペイン法研究会会員
司法書士資格者
行政書士資格者

スペイン語 登録番号 SP00156 (神奈川県)

スペイン刑法
条文(全和訳)

スペイン刑法典(2015年大改正)を全条翻訳しました。某大臣が日本にはセクハラ罪はないと言っていましたが、スペインでは既に規定されています(第2編8章3節)。

スペイン民泊法(NEW)

スペイン民泊法(カタルーニャ州の場合)の概要をまとめてみました・